ホーム診療案内施設案内スタッフ紹介犬と猫の心臓疾患・犬の肝臓疾患竹の山どうぶつ病院便りどうぶつ病院対応医療機関夜間動物緊急診療所
竹の山どうぶつ病院 ホーム > 日進市の動物病院なら竹の山どうぶつ病院 | 犬と猫の心臓疾患・犬の肝臓疾患
犬と猫の心臓疾患

動物の高齢化に伴い心臓疾患を抱えている子も増えてきています。心臓の評価は、症状(咳・疲れやすさ)、聴診・触診(雑音の強さ・心拍の早さ)、Ⅹ線(心肥大・肺の汚れ)、超音波検査などを併用して行います。その中でも超音波検査では、心臓の大きさ、弁の形・動き、心筋の厚さ・動き、血流の強さなど、たくさんの情報が得られます。超音波診断時に私が注意している点を画像と共にお示しします。

1.心臓の大きさ、弁の変形程度の確認

■心臓病になると心臓は肥大し、弁は肥厚します。心肥大が強いほど・弁の肥厚が強いほど重症です。

重症例の弁に肥厚を認める。
2.逆流の有無・程度の確認

■弁の閉鎖が不十分になるため逆流が生じます。水色や黄色で見える部分が逆流血液です。範囲が大きいほど重症です。

聴診器では雑音が聞き取れない程度の軽度の逆流
聴診器をあてなくても触診でも
診断可能な重度逆流
3.LA/Ao

■逆流血流により左心房は拡大します。左心房が大動脈と比べてどれくらい大きいかを測定します。大きいほど重症です。

この症例は左心房径が大動脈径の2倍以上であり重症です。

4.収縮力、心筋の厚さの測定

■収縮力は初期に上昇し、末期には低下します。また、心筋は犬では萎縮し猫では肥厚する傾向を認めます。

この症例は収縮率・心筋の厚さともに正常です。

5.左室流入速度

■逆流血流により左心房圧が上がり、左心房から左心室への流入速が増加します。早いほど重症です。

この症例は1m/s未満であり正常です。

心臓は血液を全身へと送りだすポンプです。心疾患とはポンプの力が低下した状態です。ポンプを治すのが本来の治療ですが、そのためには手術が必要です。しかし、小動物領域ではほとんど実施されません。よく使われている心臓薬は、ポンプを治すわけでなく、機能低下したポンプに体をあわせるための対症療法として使います。そのため薬を中止することはできません。
心臓の状態は各症例により異なりますし、飼育状況、性格、飼い主様の希望も様々です。それらをふまえ、心疾患とうまくつきあっていくために適切なアドバイスを送っていきます。

犬と猫の肝臓疾患(胆嚢疾患、胆嚢粘液嚢腫)
肝臓には胆嚢と呼ばれる袋があります。胆嚢の役割は、肝臓で作られる消化液である胆汁を貯留、濃縮、排泄することです。胆汁は本来サラサラの液体です。 それがガム状に変質し、胆嚢内に貯留した状態を胆嚢粘液嚢腫と呼びます。
症状

無症状の期間が長く続きます。しかし、突然嘔吐を繰り返したり、グッタリしたりします。胆汁の排泄が完全に停止した状態、あるいは重度の胆嚢炎が起きた状態であると考えられます。生命が危険となる場合もあります。

原因

胆嚢粘液嚢腫はまだ分からないことが多い病気であり、 原因は解明されていません。私はカロリーの過剰摂取による現代病だと思っています。高脂血症も悪化要因です。 そして、現在最も増えている病気だとも思っています。

診断

超音波検査(胆泥貯留程度の確認)と血液検査(肝障害の確認)を行います。
超音波検査では胆泥が重度に貯留していても、血液検査では肝障害が起きていない場合もありますし、その逆もあります。両方の検査をすることが重要です。

治療

胆汁はコレステロール(脂質)からできています。そのため、食事改善(脂質摂取制限)が最も重要です。薬は3種類あり、それぞれ異なる作用(①胆汁の生成、貯留、排泄を促進させる②胆管の開口部を広げる③胆嚢を収縮させる)があり、重症度により使い分けます。 一度ガム状になった胆汁は元には戻りません。治療方針は"悪化させないこと"です。早期に診断し、早期に食事改善を中心とした治療を始めることをお勧めします。

このページの上へ