ホーム診療案内施設案内スタッフ紹介犬と猫の心臓疾患・犬の肝臓疾患竹の山どうぶつ病院便りどうぶつ病院対応医療機関夜間動物緊急診療所
竹の山どうぶつ病院 ホーム > 竹の山どうぶつ病院便り
臭い問題自宅編 ゴミ箱色々挑戦
2018.05.17.
まずはGW中の岩崎城での一コマです。
休診日には岩崎城まで散歩に行っています。
道中は木陰も多く快適です。

甲冑が展示してありました。
着用体験ができるそうです。
織田信長モデルがあるのかな?と見に行きたくもなりましたが、そそうの無いように、遠く遠くから観察しました。






何度も取り上げていますが、臭い問題、今回は自宅編です。
現在我が家は大型犬だけでなく、人間の子供の排泄物もゴミ箱に入れる必要があります。
ゴミ箱は室内にあるため、”臭いの問題自宅編”が発生しました。

ゴミ箱を色々と検討した結果、2種類、計3個を用意しました。

一番手前、水色のごみ箱は以前から使用していました。

一番奥、黒い蓋のごみ箱が、用量も大きく、臭い漏れも無いとのことで、今回購入した目玉商品でした。

蓋裏には平面上のゴムパッキンがついており、臭いを密閉します。
また足踏みペダルで蓋を開けることができます。


犬が映り込んでいます。ごみ箱撮影会は”もなか”の朝食前に撮影しました。
「まだかな~まだかな~」と待っているので、上の開口写真を撮る前にあげました。(蓋の奥で食べています。)

しかし・・・・
蓋が大きく開口する、
密封してる分、中が陰圧になっている?、
等の理由で、開閉するたびにギュッと抑え込んでいた臭い成分が惜しげもなく部屋中に放出されました。

蓋を開けなければ臭いません。開けると部屋中しばらく”その臭い”になります・・・。
「結構高かったのに・・・・」泣く泣く使用を断念。

以前から使用している同じ型の色違いを購入しました。
こちらの利点は、蓋がスライドで開くことです。
空気の撹拌がおきないため、臭いが拡散しないのがメリットです。

ただ、用量が小さいことがデメリットであり、2個目を買うことになりました。

病院便り一覧に戻る

このページの上へ