ホーム診療案内施設案内スタッフ紹介犬と猫の心臓疾患・犬の肝臓疾患竹の山どうぶつ病院便りどうぶつ病院対応医療機関夜間動物緊急診療所
竹の山どうぶつ病院 ホーム > 竹の山どうぶつ病院便り
太陽光発電ライトが静かに役割を終えていました
2018.04.20.
病院玄関先に、太陽光で自家発電するライトが刺さっています。

5-6年前にニトリで購入しました。価格は500円程度であったと思います。
「最近はすごいものが安く売ってるんだな」と感心しながら買いました。

いざ点灯させてみると・・・思った以上の暗さにガッカリ。
周囲を明るくする力は無く、よく見ると豆電球が灯っている、そんな感じでした。

つい最近、その豆電球が消灯していることに気が付きました。
(消灯しても気にならない程度の明るさなんです。)

小さな光でしたが、ワンコインで約5年、よく頑張ったと思います。


そして、2代目を購入。今度はDAISO、100円です!!
もう一回り小さなワンコインです。

5年で太陽光の発電効率はどの程度進歩したのかな?と期待感を持って設置しました。

結果は・・・・


やはり豆電球でした・・・。
右側の黒い方が新しい電灯です。これでも点灯してるんです。

院内の照明を消すと、やっと光っているのが分かる程度でした。



もっとお金を出せば明るいものが手に入るのは分かっています。
ただ、何となく、ここにはお安い豆電球をさしておこうかな、と思っています。

病院便り一覧に戻る

このページの上へ