ホーム診療案内施設案内スタッフ紹介犬と猫の心臓疾患・犬の肝臓疾患竹の山どうぶつ病院便りどうぶつ病院対応医療機関夜間動物緊急診療所
竹の山どうぶつ病院 ホーム > 竹の山どうぶつ病院便り
臭い対策の検討結果 「結論編」
2018.02.16.
昨夏にウンチの臭いに悩んでいる、というブログを書きました。

臭いをいかに封じ込めるか。
①高級脱臭剤を使う
②パッキンつきのごみ箱を使う
③ウンチ袋を変える
こんな方法を考えました。

夏の時点では右写真の、①高級脱臭剤、をおススメしていました。


それから半年間検討した結論!!
③ウンチ袋を防臭袋にする、これが一番だと思います!!!

高級脱臭剤は期限を迎えました。
プルプルのゼリー剤が、現在はカチンコチンの小さな粒となり、脱臭効果は完全に終了したと考えます。
敢えてそのまま放置して、臭いが増すかどうかを検討していましたが・・・



・・・・大きな変化はなかった、そう感じました。
「実はあまり効いてなかった?」


最も効果的なのは③ウンチ防臭袋を使い、臭いの根源を封じ込めることでした。

ウンチ防臭袋はこんなのを買いました。
商品によって多少の差はありますが、1枚10円程度かかります。
(ダイソーの袋より10倍高級品です。)

1回分で使うのはもったいないので、
一旦、ダイソーの袋でウンチをとる。
複数回の便をまとめて高級防臭袋に入れて捨てる。
こんな使い方が有効だと思います。


この袋には上部にミシン目がついていて口を縛ることができる、ここがウリでした。
ただ、しっかり締めようと引っ張るとちぎれますし、ちぎれない程度に締めると臭いが漏れます。
普通の袋タイプで良かったようです。

病院便り一覧に戻る

このページの上へ