ホーム診療案内施設案内スタッフ紹介犬と猫の心臓疾患・犬の肝臓疾患竹の山どうぶつ病院便りどうぶつ病院対応医療機関夜間動物緊急診療所
竹の山どうぶつ病院 ホーム > 竹の山どうぶつ病院便り
窓からの冷気で寒い!!が解決する家電の紹介です。
2017.12.15.
まずはご報告。
我が家で続いていたちょっとした不幸が終了しました。

画面中央”あかちゃんまん”というキャラクターが登場しました。
アンパンマンではありませんでしたが、それなりに喜んでくれました。
これで満足、このシリーズのガチャガチャは終了です。


話は変わりまして・・・
こちらの家電製品どうやって使うでしょうか?

長さは1.5mあります。
他にも、90cm、120cm、120-190cmまで変更可能、など種類があります。

使い方はこちら。
窓において使うヒーターなんです。
最高でも60℃くらいであり、カーテンが燃える心配もないそうです。


取扱説明書にあった説明です。
W/Rと表記されているのが、この家電です。

握っても生暖かいくらいであり、これ自体がヒーターの役割を果たすわけではありません。

窓からの冷気の下降気流に、この機器の発生する暖気の上昇気流ををぶつけ、気流の流れを変える、そんな機器でした。
作った人賢い、です。

また、結露の予防にもなるそうです。


我が家は窓の下にベッドがあり、窓から下りてくる冷気に悩まされていました。
ホームセンターで販売されている”冷気遮断シート”も貼りましたが、あまり効果無しでした。

そして、あるサイトで”窓用ヒーター”というものが存在することを知りました。
口コミサイトをみると、評価はさまざま。5段階評価の3.5点という感じでした。

実際使ってみた結果・・・

効果あり!!!でした。夜を快適に過ごせました。
結露は多少ありました。大人二人、子供一人、大型犬1頭で呼吸したら、湿気も相当なものなので仕方ないと思われます。

窓用ヒーターの第一人者といえば、森永エンジニアリング、だそうです。
「知らんし~」と言う状態でしたが、スキー場があるような地域では結構一般的なようです。

病院便り一覧に戻る

このページの上へ